FXの損切りで取りかえしのつかない損失を防ぐ。

損が損を防ぐ

損きりをしないと大幅な損失を出し、すべての利益を失うこともあります。FXを始めて、少しずつ利益が出せるようになり、資金がたまってきてもたった1度の取引で損切りできなかったことがそれまでの利益をつぶし、マイナスに転じることも。

PAK86_yabainomicyatta20131223_TP_V9

FXでは利益を確定して儲けていくことと同時に損切りできることが大事です。いくらファンダメンタルズやテクニカル、アナリストの意見を元に予測をしても、予測の反対に行ってしまうことや短期的に相場が大きく動くことで損失が出ることは避けられません。

損切りの重要性とは

損切りは自分のポジションと逆に動いたときに損失を確定する行為です。大事なのは自分の資金の耐えうる範囲内で損を確定すること。損切りがなかなかできないと、含み損を抱えたまま動けなくなり、取れるべき相場がやってきても機会を失うことになります。

また、最悪の場合、損失が膨らんでとんでもない資金を失うことにもつながりかねません。その先には強制退場が待っています。いわゆるリーマンショックなどの急激な相場環境に陥いり、短期間で大金を失うと、精神的にも相当やられることになるでしょう。

PAK93_heyanosumikko20140322_TP_V10

ではなぜ簡単に損切りできないか?

初心者のうちは損切りはなかなかできないもの。人間は自分の利益になることは確実に早く利益にしたく、損失になることは先延ばしにしたいという心理があるようです。そのことが損切りできず、損を出すことにつながってしまうのでしょう。

きれいな損切りとは

では、どうすればよいのでしょうか?

気持ちの上で金額に固執しすぎず、数字として淡々とポジションを確定させることが大事です。利益に関しても同じですが、損失額にこだわりすぎると先ほどの心理が作用して邪念が邪魔になるもの。

なかなか難しいのであれば、たとえば、期間や自己資金の〇〇パーセント以内とかチャート上のある位置で損切りラインを決めておくことが有効。数字的なものもさることながら自分が精神的に耐えられる許容範囲でパーセントを定めることもいいでしょう。

プロほど損切りしている?

相場に絶対はないので、思惑が外れることは仕方ありません。プロでも必ず損切りはするもの。トレードがうまい人ほど素早く、思惑が外れたら淡々と損切りをする。だから利益が残せる。うまい損切りを身につけて上達していきましょう。

カテゴリー: FX失敗 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です