失敗しないための3つの基本的な分析

 基本的な分析は必要

FXは相場が上昇するのか下落するのかで損益が発生しますが、初心者と言えどある程度の相場分析は必要になります。難解な分析やインジケーターは探せばたくさんありますが、初めは押さえるべきところを押さえるようにしましょう。

失敗しないための基本的な分析を3つに分けてみてきます。

MAX87_senjyutuwominaosu20140531_TP_V7

基本の”き”はローソク足

ローソク足は多くの情報をもっています。ローソク足の形状だけで相場分析のほぼすべてを理解してしまう人も。テクニカル分析の基本の”き”なので必ず押さえておきましょう。

ローソク足は語る

ローソク足を見れば始値、終値、高値、安値がわかります。当然大きな値動きでは、おおきなローソク足に。相場の地合いが大きく変わる大陽線や大陰線、相場の反転を暗示するとうばやローソク足の大きなひげの意味を受け取り、相場を読みましょう。

移動平均線

移動平均船とは直近の値動きの平均を表した基本的なインジケーターとなります。平均よりも現在の価格が高い、もしくは安いということは大きな分析材料に。

一般に日数の長い平均線を日数の短い平均線を下から交差することをゴールデンクロスと呼び、上昇のサイン。逆に日数の長い平均線を日数の短い平均線を上から交差することをデッドクロスと呼び下落のサインになります。

サポートレジスタンス 過去のポイント

サポートライン、レジスタンスラインはチャート上で有効な情報を与えてくれます。過去の値動きでつけた高値や安値は必ず将来の値動きでのポイントとなってくるので、押さえておきたいですね。

相場は上昇するにも下落するにも一本調子であがったり、さがったりということはありません。必ずとめられるラインがあり、調整があるもの。逆に大きく突き抜けるポイントも存在します。そこを見極めて押さえることがトレードでの利益につながるのです。

基本は重要

0I9A114915030133prezen_TP_V8

プロと呼ばれる人や上級者になるほど、テクニカル的にはシンプルな相場分析になるとも言われています。難解なインジケーターを取り入れる前に基本的な意味をしっかりと押さえた相場分析が必要です。

カテゴリー: FX失敗 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です