FX初心者が注意すべき3つのこと

 ビギナーズラックはずっとは続かない

FX初心者が注意すべきことは大きく分けて3つに分けられます。取引会社のデモ講座などで利益が出せていたり、FXを始めて数ヶ月で予想以上に大きく儲けることができても、きちんとポイントを押さえていないといずれ実際のトレードで大失敗に。

ではFX初心者が注意すべき3つの項目をそれぞれ見ていきましょう。

m001-013-167x111 5

損切り

第一に損切りを必ずすること。損切りとは自分の持っているポジションの逆に相場が動いていったときに損失を確定することです。損切りは損失になるわけですから嫌なものですが、これをしないと損失が大きく膨らみ続けることにもなりかねません。

損きりのポイント

損切りは自分が耐えられると思う損失の範囲内で行うこと。損切りは遅すぎても早すぎても損失につながります。ポジションを持つ期間や量、相場状況によっても損きりラインは変わってくるもの。

初心者のうちは難しいとは思いますが、損が出ても金額的に精神的に耐えられるかどうかというラインを目安において設定するといいと思います。

要因を押さえること

為替が動く要因を良く知っておくことが大切です。注目の経済指標が発表される直後などは大きく値が動きますし、為替は季節的な要因で動かされることが多いです。これを知らずに目先の動きにだけとらわれてトレードしてしまうと痛い目にあうことにもなります。

MS251_enshinbun_TP_V6

自分の取引する通貨に関係するファンダメンタルズや指標などを押さえた上でポジションを取ることが大事です。

レバレッジはかけすぎず

最後にレバレッジをかけすぎないことが重要です。レバレッジとは「てこ」のようなもので、FXではレバレッジをかけると金額以上の取引が可能。利益が出ているときはレバレッジに応じて利益も多くなるのですが、損失も同じように大きくなります。

損失が膨らんで証拠金が足りなくなると強制損損切りされたり、追加の証拠金を入金しなくてならい状況になります。

勝ち組は押さえている

これらのポイントは勝ち続けているトレーダーは必ず押さえていることです。FX初心者の場合はなおさら意識して行いましょう。

 

カテゴリー: FX失敗 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です